直線上に配置

トーナメントキャスター impression


ダイワの久々のヒット作トーナメントキャスター
前モデルのハテラスとどこが違うのか?
解説したいと思います


とりあえず
真っ赤な色が派手なトーナメントキャスター
ダイワの投げ竿では初めての
SVFを採用したの点と
Vジョイントの採用という点が特徴です

SVFとは、従来は、鮎竿、磯竿
ルアーロッドなどで採用されていた
ハテラス、サンダウナーなどに使用の
HVF以上のカーボンシートです

Vジョイントによって何?
と思われるでしょうが
普通のロッドでは継ぎ目部分は
補強の為にカーボンが厚巻されているため
ロッド全体としては
一番曲がりにくい部分となっていました
そこで、調子を本当に求めるなら
ワンピースロッドとなるわけですが、
Vジョイントという特殊な補強の仕方によって
この継ぎ目部分もスムーズに
曲がるようになりました。
強度のある薄いカーボンシートを厚巻きする
という事で、とてつもなく細い
ロッドに仕上がりました

左はハテラス33号
右はトーナメントキャスター33号の
#3です
細さがわかるでしょうか!
Vジョイントでない従来モデルは
継ぎ目部分はどうなっていたのか?

ハテラスプロトモデルがクリア塗装なので
従来の継ぎ目部分がはっきりとわかるので
アップで写真とりました
こういうふうに、
補強のカーボンが巻付けられています

(Vジョイントの写真がなくてゴメンナサイ)
図は、サンダウナーの物ですが
こういうふうに曲げ込んでいったときに
従来は継ぎ目部分が硬かったのが
Vジョイント採用ロッドでは、良く曲がります
そこで、Vジョイントなしと同じ所まで
曲げ込んでいけるロッドを作るとなると
継ぎ目以外の部分は
更にパワーアップした設計としなければなりません
つまり、竿全体としてはVジョイントの分
全体として曲がりやすくて
トータルの負荷では同じ所まで曲がるなら
ロッドパワーはアップという事になります
ハテラスとガイド位置に関しては
ほとんど変わりません
但し、ガイド設定は、
ハテラスの元ガイドが16oなのに対して
トーナメントキャスターは、20oとなっています

(写真は、トーナメントキャスターと
ハテラスプロトモデル)
従来の継ぎ目の補強の仕方だと
#2と#3の継ぎ目が
突っ張ったようにようになって
それをある程度、竿の張りと感じてしまいましたが
今回、このVジョイントを最大限活かせる調子
と、いうことで、ロッド全体がしっかりと曲がる
という、調子を基本に設計されています
Vジョイントの特性を最大限
活かした設計になっているのが
ヘラ竿で、株理論というのがあります
トーナメントキャスターには
この考え方も少し取り入れていますですので
よく曲がる竿の特性を活かしながら
竿には張りを!
といった感じの仕上がりになっているはずです
(硬いだけの竿ではありません)

投げるだけでなく
大型の魚を掛けてみると
竿全体が力を受け止めて
ぐいぐい魚を引き寄せる
というのが体感できるのですが...

(キス釣りしかやんないぞ!
というユーザーがほとんどかも知れませんが
北海道なんか行くと
この竿で、鮭や、カレイ、ソイなど狙うから
この竿の利点をよく分かってもらえるかも?)



トップページへもどる

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO