直線上に配置

Z45


Z45Uの後続モデルは
原点に立ち返って
Z45となりました
プロトを使わせていただいているので
いち早く、皆さんにお伝えしたいと思います

とりあえず、
プロトモデルですが
全体の写真を
別角度から
〜んかっこいいです!
気になる重量ですが
カタログスペックは360gとなっていますが
手元にあるプロト品でこんな感じです
45mmというストロークを保ったまま
従来スプールとの互換性を捨てれば
更なる軽量化も可能との
設計者からの談話ですが
過去のスプールも使えるというのが
45の45たる所以
きっちり今までのスプールが使えます
それよりもこの重量ですが
メーカーによっては
乾燥重量
(グリスなど入っていない重量)
を記載しているメーカーもあるらしいですので
自分の持っているリール
秤に載せてみると
面白いかもしれません
ダイワのZ45の設計の
Sさんから
組みあがった次の日に手渡されたのですが
私が預かったのが2号機
1号機は、同日
高橋テスターが持っていきました
3号機は、遅れて2日後
北海道の長谷川さんが持っていった
と思います
さてさて、リアルフォー化
というのは、オシュレート方式だと
スライダー部分の大型化が
付いてくるので
メカニカル部分は重量増というのが
付いて回ります
そこで、ボディ部分を
いかに強度を落とさずに
大胆に軽量化するか!
なのですが
ここが、一番のアイデア!
Z45IIとと比べてみると
よくわかるかと思います
別角度からもう1枚
ローターの裏部分がありません!
これがかっこいいんです!
こんなデザイン見たことありません
ここを抜くというアイデアを考え出した
ダイワの技術陣に脱帽です
ちなみに、ローターは
強度と軽量化の
両方を兼ね備えた
ZAION製です
ハンドル部分の写真です
大胆な肉抜きで軽量化されております
Z45IIは70mmハンドルモデルで
395g
個人的にはショートハンドルが
好きなのですが
ハンドルのおかげで軽くなった!
と言われる方もいましたが
85mmハンドルが
標準装備です
ちなみに
これが、Z45IIの70mmハンドル
40gありました
Z45の85mmハンドルは
というと
大型のTシェイプノブが付いていて
39g
個人的には
70mmか65mmぐらいの
ショートハンドルで
小型のTシェイプのハンドルが好きなので
もし、このタイプの
ショートハンドル出ていませんが
装着したら
350gとかなっちゃいますかね?
ボディ部分の写真です
かなりシェイプされています
ストッパーですが
この位置にあるときに
逆回転しないようになっています
またまた、別の角度から
スライダー部分が飛び出ているのが
わかりますかね?
ローター部分の大胆な肉抜き
ローターが回転すると
ここから、下が透けて見えて
これが、またかっこいいんですよね!
もうひとつ、ダイワのウイークポイントだった
ラインローラーも改良されました
基本的には、トーナメントサーフ35と
同じつくりですが
素材が、ジルコニア製です
昨年のザ・フィッシングで
Z45IIに組み込んで高橋テスターが
使っていたのですが
気づいた方いましたか?
私も使っていたのですが
白いから気づくかと思いましたが
全然でしたね!
これ見て、ベールだけZ45IIやZ45Cに
組み込んでやろう!と
考えられた方
ゴメンナサイです
ベールの取り付け方が変更になっています
別角度からですが
内側から取り付けるように
変更になっています
スプールですが
トーナメントサーフ35の様な
サイレンとスプールが採用されています
トーナメントサーフ35よりも
ストロークが長いのですが
こちらの方も
大胆に軽量化されています
Z45Cのスプールとの比較ですが
わかりますかね?
こうあわせてみると、わかるのですが
従来モデルより6度スプールでありながら
1.5mm程度ですが
大口径化が図られています
さてさて、360gという重量を出されてしまうと
心配するのが、ボディ強度などなどだと思います
プロトを渡された時
”組み上げたばかりなので
強度テストしていません!”と言われてのですが
すぐ後に、サーフとローリングに
持っていきました
80cmクラスのサワラなども掛けたのですが
楽く〜に上がってきました
ボディ強度の無いリールは
大きな魚が掛かると
ボディが歪んで、ギアの噛み合わせがズレ
巻き心地が悪くなるのですが
大胆な軽量化が
施されているにもかかわらず
巻き上げはスムーズなままでした
もちろん、キス釣りでも
フィールドテストを繰り返し
もう、他のリールが使いたくないと
思わせるような軽さです
45系では初のリアルフォー採用ですが
ローターの軽量化がそうさせているのか
または、トーナメントサーフ35
より進化したのか
ダイワらしからぬ巻き心地というか
とにかく巻きが軽い!
これだけは、実機を触ってみて
体感していただきたいと思います
とにかく、この”Z45”
ダイワの投げリールのフラッグシップモデルとして
設計の方に言わせれば
”現時点で出来ることはすべてやった!”
との話
価格は、それなりになるかと思いますが
それだけの、価値のあるリールに
仕上がっていると断言できます



トップページへもどる

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO